保険会社から適切な支払いを受けるのに必要なこと

交通事故の示談交渉が決着しない!そんな時は弁護士の介入を!

交通事故後の補償や賠償は余程重大なものでないかぎり、交通事故の当事者同士で交渉を行うことになります。基本的には、当事者同士の保険会社が示談交渉を行うものの、お互いに譲らない、または相手が納得しないということから示談交渉が長引くことがあります。そんな時こそ交通事故専門の弁護士に依頼して示談交渉を速やかに決着する必要があります。
例えば、交通事故といっても双方に過失割合があり、その割合に納得しないということもあります。事故現場に警察が到着し、相手の過失が100%だとしてもその判定に納得がいかず、保険会社を通じて割合を下げようとすることもあります。もし、自身がケガをして入院もしくは通院している場合、交渉決裂により医療費負担が増えてしまうことに繋がります。ですが、示談交渉が長引く際、弁護士を介入させることで、客観的な自己分析そして相手に対する交渉も対応してくれ、示談交渉を早期に解決できるといったメリットに繋がります。
もし、相手が示談内容に納得がいかないといった場合でも、弁護士が介入したとなれば訴訟リスクがあると判断し、内容を承諾する可能性が高まります。保険会社の担当から相手が納得していないと確認出来た際には弁護士に依頼して、早期に保険支払を受けられるようにしましょう。

交通事故後に連絡先の交換!相手からの連絡に困るなら弁護士を!

交通事故を起こした場合、必ず相手先との連絡先交換が必要になります。実際には双方の保険会社での交渉となるものの、保険会社を介せずに直接連絡をしてくる人がいます。保険会社が交渉を行っている最中、相手に示談を持ち掛けてくるケースもあります。こんな時こそ、弁護士に依頼して相手からの直接連絡をシャットアウトしましょう。
交通事故後のお互いの連絡先を交換することは、万が一の際に対応しするため、どちらかの謝罪を受けることでは重要ですが、中には理不尽かつ威圧的な要求を行ったり、保険会社の対応に納得がいかず妥協を要求する人は少なからずいます。この場合、時間や場所を問わずに連絡をされるため、自身は対応で疲弊してしまい相手の要求を受け入れるといったことに繋がります。
しかし、交通事故で弁護士が介入させることで自身への直接連絡をシャットすることができ、不当な要求を受けた場合には弁護士から厳重注意を行うことができます。交通事故の直後には双方動転してるものの、時間が経過すると共に本性が出てくる人もいます。先ずは、不安を感じた際は弁護士に依頼して安心を得ることがおすすめです。また、弁護士が介入することで恐喝行為が生じた際でも第三者の証言が得られるため、自身を守ることが可能です。

TREND

保険会社から適切な支払いを受けるのに必要なこと

交通事故の示談交渉が決着しない!そんな時は弁護士の介入を! 交通事故後の補償や賠償は余程重大なものでないか…

もっと読む

交渉次第では治療費の負担額も変わってくる

交通事故から直ぐに裁判に!速やかに弁護士に対応を依頼しよう! 以前に比べ、弁護士を利用する敷居は低くなって…

もっと読む

どうせ依頼するならベテランがおすすめ

交通事故の相手が無保険だった!そんな時は弁護士に依頼しよう! 日本は自動車社会であり、日常生活を送る上で交…

もっと読む

弁護士は保険会社とのやりとりをスムーズにしてくれる

折り合わない交通事故の示談金交渉は弁護士の力を借りて解決 車やバイクに乗っていて交通事故にあってしまったら…

もっと読む